●AEGIS

5号機 自作 AEGIS
2004年5月5日完成。
Athlonマシンが組みたかった、ってのが動機。
メモリあるし、電源あるし、CD、FDDあるし、楽勝安上がりで組めるぞ♪と思っていたのだが、
組む際、ヒートシンクを軽く置いた状態でテストと思って電源を入れてしまい、 焼き鳥を作ってしまった(泣;
まさか数秒でCPUとマザーが逝かれるとは想いもしなかったのですげ〜悔しかった。
2日後には全く同じものを買い直し、無事完成した。Athlonを甘く見てはいけませんな。
現在、ベースクロックを200MHzにして、2.2GHz (XP 3200+と同等) にして稼動テスト中。
常時起動できるかな?(2004/07/11追記:余裕でできてます)

OSはLinuxとFreeBSDのトリプルブートにでもしようかと思っていたのだが、
Linuxを入れたときにネットワーク(nFORCE MCP)の認識が面倒そうだったので、 やっぱり消した。
その後、完璧なWinXP Proを手に入れたので、XPとのデュアル構成にした。
2004/05/30 2号機のCaptureボードを移送し、キャプマシンにする事に決定。
2004/12/08 HDD新装増設。
2005/01/30 HDD移送増設、DVD-ROM 移送増設
2005/06/26 Gigabit Lan 取り付け
2008/04/22 DVD-ROMを3号機に引渡し。
2008/04/22 HDD3( ST3160023A ) を 7号機に貸与。現在任務を果たしたが、戻ってくるかは微妙。
2009/xx/xx 解体

領域情報
ハード接続領域 SIZE(MB)FileSystem説明
HDD1IDE1-1C:8,000 NTFSWin2K OS領域
HDD1IDE1-1D:10,000 NTFSWinXP OS領域
HDD1IDE1-1E:182,000 NTFSWORK領域。
HDD2IDE1-2F:182,000 NTFSWORK領域2。
CD/DVDIDE2-1G:- ISO9660DVD-ROM
HDD3IDE2-2H:152,000 NTFSWORK領域3。
部位 メーカー 製品名 写真 説明
Operation System Microsoft Windows 2000 Professional Edition(SP4) - 基本はWin2K。
Operation System 2 Microsoft Windows XP Professional Edition(SP1) - XPは完全32bitOS。起動時間の速さも好き。
ケース URBAN URBAN MICRO IVORY(33338) 写真 いまのところケースレス。2004/11/23購入。
電源 POWERUP LC-B350ATX 写真 3号機のケースについていたもの。
マザーボード BIOSTAR M7NCG 400 写真 MicroATX (24.4cm x 24.4cm)。BIOSTARにしたのはやっぱ安いからw
チップセット nVIDIA nFORCE2 Crush 18G IGP / MCP
( FSB 200/266/333/400 MHz )
- nFORCEとやらがどんなもんか見たかったから。
nFORCE2 IGPは通常FSB333MHzまでらしいが、今年になって400MHzのやつが出だしたようだ。
CPU AMD Athlon XP 2500+ / 1.83GHz (Barton) 写真 マザーがFSB400対応なので、ベース200に上げて 3200+ にオーバークロック可能♪
CPUクーラー サイズ SAMURAI 侍 - 約3300〜1600回転。今のところ怖いから最大で稼動中。33℃ぐらいで抑えられてる。
メモリ許容値 - DDR200/266/333(PC1600/2100/2700) 1GBx3(計3GB) - -
積んでるメモリ メルコ(BUFFALO) DDR333(PC2700) 256MBx2(計512MB) 写真 中身はSAMSUNG製。ECC 。Registered。3号機で一時使用。
ビデオアクセラレータ - AGP 3.0 8x/8x/4x - AGPスロットもついている。
ビデオカード nVIDIA nFORCE2 Crush 18G IGP / MCP - on board なGeForce 4 MX。VRAMはメインメモリから供給。32M。
IDE(ATA) - Ultra ATA/33/66/100/133
- -
IDE HDD Seagate ST3200822A ( Barracuda 7200.7 ) (200G/1p100G/7200rpm/8.5ms/8M/U-ATA100/流体軸受) - 初200G。
IDE HDD2 Seagate ST3200822A ( Barracuda 7200.7 Plus ) (200G/1p100G/7200rpm/8.5ms/8M/U-ATA100/流体軸受) - 2004/12/08 購入。マスタHDDと同じ型番。マスタに買った時(5月)は20Kぐらいしたはずだが、
この時期では既に11.5Kだったので、2号機に入れたのと合わせて2台買ったw
IDE HDD3 Seagate ST3160023A ( Barracuda 7200.7 Plus )
(160G/1p80G/7200rpm/8.5ms/8M/U-ATA100/流体軸受)
写真 2004/04/11購入。TVキャプ+エンコもの動画が入っている。
3号機のリムーバブルケースに入っていたが、2号機に移し変え。
2004/12/08、4号機に移送。2005/01/30、5号機に移送。2008/04/22、7号機に貸与。
サウンドボード - AC97 Audio (on board) - オンボードSOUND。5.1chもあるのだが、接続部の半田付けをしてくれてない。
ネットワークカード メルコ(BUFFALO) LGY-PCI-GT 10/100/1000 - ギガピットLAN。
ネットワークカード - MCP (on board) 10/100 - オンボードLAN。上記を使うようになってから無効にしてある。
USB2.0 - (on board) - オンボードUSB2.0
IEEE1394 Dazzle Dazzle Mojave Device - 2号機の初期装備品。キャプチャがしたかったのでオプションでつけて購入。
キャプチャーは5号機でやることにしたので移し変えた。
Capture-Bride

●デスクトップ風景
--------------------------------------------------------------------------------
5号機(=自作PC) Windows2000 Professional
デスクトップ5号機2000
とりあえず最初に入れた2000。その後XPの安定版を手に入れたので、
一応デュアルブートにしたのだが、今後はもっぱらXP起動で行くことになるだろう。

5号機(=自作PC) WindowsXP Professional
デスクトップ5号機XP
2004/05/30のショット。
29日から30日にかけてにXPインストール、そして、
2号機のキャプチャカード(=Mojave Device)をこちらに付け替えコイツをキャプマシンにすることに決定。
寝てる間の夜間キャプもあるので静かでないと困るが、CPU FAN回転数を落としたら何とかなりそう。
2号機はLinux機にしてしまうつもり。
--------------------------------------------------------------------------------
もどる